薩摩柘植を印材とした印鑑

  • RSS

印鑑に適している印材は何種類かありますが、その印材はけっして安いものばかりではありません。
そんな中でも、印材として適していながら、かつ比較的に低価格で購入できるのが、木材の柘植を印材としている印鑑です。中でも薩摩産の柘植は最高級品として有名です。薩摩柘植、薩摩本柘とも呼ばれています。

象牙と共に印材として古くから使われていたもので、広く普及しています。
薩摩柘植は木材を原料とした印材では最も繊維が密で、硬度も粘りもあり、押印にも適しています。 保管方法にさえ気をつけていれば長く使うことも可能になります。

薩摩柘植は江戸時代の島津斉彬公の頃、産業振興の一つとして育てられるようになりました。 従来からの古柘に改良を加え、優良な本柘を生み出し、主に櫛の材料として用いられていました。 これが薩摩柘植の始まりです。
材木としては適度に硬く、粘りがあり、変形や割れに強く、油に良くなじむといった特徴があります。 櫛の他にも、将棋の駒やそろばんの玉などにも使用されてきました。

現在は薩摩柘植のおよそ8割が印材として使われ、残りは日本髪用の櫛材にされています。
薩摩柘植を印材とした印鑑は、使用後に柔らかい布などで印面に残った朱肉を拭き取るのが基本になります。 朱肉には油分が含まれているので、長年使っているとそれが柘植に染み込み、木材を変質される怖れがあります。
変質した木材はもろくなるので、印影に欠けが生じるケースもあります。
日ごろからの朱肉を拭う習慣が印鑑を長持ちさせるちょっとしたコツになります。

薩摩柘植について Yahoo!知恵袋 最新ベストアンサー

質問内容

印鑑の材質について。銀行や税理士さんなどで、富裕層の方や社会的に地位のある方の印鑑を目にすることが多い方、教えてください。私、社会人なんですが、印鑑を新しく作ろうと思います。いわゆ る開運印鑑というものを作ってみたいのですが、店によって印鑑の材質は本柘植じゃないとダメで、黒水牛や象牙は動物の死骸からとれたものなのでよくないと、書いてある店があります。私も判子だけで人生大成功すべてうまく行くなんて思ってませんが、ちょっとげんを担ぎたいという気持ちです。社会的に成功されている方の印鑑を見ることが多い方、柘植とか黒水牛とか象牙など印鑑の材質にこれが多いなんてありますか?

ベストアンサー

実印=黒水牛、象牙 認印=柘植など木素材 昔の薄い記憶ですが、怪しい印鑑屋、安い木素材だと、長期間使っているうちにひび割れや欠けてしまうことがあるので、銀行印には不向きだし欠けるってことは縁起も悪い、と言われたことがあります。

質問日時:2016/02/08 07:00:01 回答数:2

質問内容

印鑑の素材について。 20代後半、結婚して私の銀行印を作るついでに旦那の実印もフルネーム入りのものを作ろうという話になりました。旦那は素材にはこだわりなく、全て任されたのですが…。 何せ私も印鑑は全く分からずネットで色々調べましたが、私が気になったのが「薩摩本柘植」の印鑑です。値段が象牙などに比べて、リーズナブルな点とお互いの地元が薩摩という点です(笑) しかし、デメリットとして捺印性が低い、耐久性が低いという点が気になります。銀行印や実印は使っても年数回使うかどうかなので、別に良い様な気がしますが…。 皆さんにお聞きしたいのはずばり、あなたの使っている銀行印、または実印の素材は何ですか?また、その素材で良かった点、悪かった点あれば素材選びの参考にしたいので教えて下さい!

ベストアンサー

私は薩摩本柘の印鑑を使っています。 実印・銀行印・認印の全てです。 もう20年使ってますが、未だに現役です。耐久性とか言われたりしますが、これは絶対に使い方だと思います。 大切に使えば欠けることはまずありません。欠けた人の話を聞くと、ほとんどが落下や雑な扱いによるものです。 象牙は一生物なんてのも違いますね。硬いものは落とせば簡単に割れます。素材に限らず、大切に使えば長く持ちますし、雑に扱えばどんな素材でも欠けます。 「捺印性が低い」という意味が分かりません。捺印しててデメリットを感じる感覚は全くありませんので。 もしかしたら象牙など重量があるものを使用してる人が柘に変えた時に一時的に感じる錯覚かもしれませんね。 普段から柘を使っていれば、全く問題なく捺印できます。 【良かったところ】 木はやはりいいです。温かみを感じますし、癒されます。 【悪かったところ】 特にありません。20年も現役ですので。 親戚が象牙を使っていたのですが、古い象牙はすごく汚かったです。白いので朱肉が滲んだ感じがグロくて、何か動物的なものを感じます。 自分は何でも自然派なので、象牙とかは生理的に好きではありません。 もともと薩摩本柘植を検討されているのであれば、それがベストだと思いますよ。

質問日時:2015/10/13 14:48:36 回答数:2

質問内容

印鑑を作ろうと思っています。木の印材の質について。 この度、台湾旅行で実印と銀行印を作ろうかなと考えています。もし旅行中は作らなかったとしても、いつか作りますので、是非ご教授ください。 現在は9割超で木の印材でと考えています。 木の印材は、ツノや他と比べると、硬さがないので耐久性が劣る、強度はあるので印材にとても適している、意外ともろい、など色々書いてあり。 店によって見解が様々で混乱してしまいました。 印面に筋が出てしまうとか、ちゃんと保管しないと木が伸縮起こして曲がるなどとも書いてあり。 気になるほど曲がる事なんてあるんでしょうか。わりと木の印鑑は主流だと思いますし。 考えあぐねた末、柘植・黒檀・紫檀のうち強度があるもの、印材に最も適しているものを選ぶ事にしました。1番耐久性があり、印面もキレイに出るのはどれでしょうか。 (店にオノオレカンバの印材があればそれも候補です) でも例えば黒檀を選んだとして、その黒檀の中でも質や値段が違うと思います。 密度の高いものは硬く強度があり、値段も上だと考えて、選べばいいんでしょうか?肉眼で分かるものでしょうか? 値段は1本1万~1万5千円あたりで検討しています。 どうぞ宜しくお願いいたします。

ベストアンサー

普通に保管していれば曲がることも欠けることないでしょう。 少なくとも私の家にある30年以上前の柘植の三文判は、ひき出しに入れっぱなし、かつケースにすら入っていなく、さらに朱肉もふき取っていなですが曲がっておらず欠けてもいません。 ちなみに白ラクト印は縁が欠けていおり、牛角印は虫に食われていますので、木は印材に非常に適しており主流の素材であると思います。 印材に関しては印章店の主人に伺うのがベストでしょうが、私の知るかぎりでは、本柘植が一番耐久性があり、印面もキレイに出ると思います。 少なくとも黒壇は硬いので手彫りには不向き、機械で彫るチェーン店やネット通販が好んで採用する印材です。欠け易く手彫りしにくい人工木も機械ゆえに扱える印材と聞いています。 印章店に人工木の印章が展示されていると、「ああ機械彫りなんだな」と思い、即座に退店してしまいます。 同じ素材で質や値段の違いは当然あります。印面(彫る面)が良い物が高価です、つい側面などを見がちですが重要なのは印面です。 見た目でプロならば解るのでしょうね、素人の私には解りません。高いのは銀丹などが付いていますね。お店に足を運ぶのですから店主に聞くのが一番ですね。 木の印材で1万~1万5千円の予算ならば、実店舗で技能士さんが本柘植銀丹入りを手彫り(手仕上げ)で作ってくれそうですね。

質問日時:2015/02/18 21:40:54 回答数:1

家紋の印鑑
http://www.conmottmac.com/

このページの先頭へ